HOMEスタッフ研修レポート > バリ島【アヤナDEおまかせウエディング &バリ島 世界遺産】研修レポート 2013年6月

スタッフ研修レポート

バリ島【アヤナDEおまかせウエディング &バリ島 世界遺産】研修レポート 2013年6月

東京支店スタッフ(AZ)

2013年6月5日?8日東京支店と大阪支店合同の【アヤナDEおまかせウエディング & バリ島 世界遺産】研修ツアーに参加致しました。
参加者は、東京支店より2名、大阪支店より2名。

今回の研修ツアーの一番の見どころは、"アヤナDEおまかせウエディング" の模擬挙式!
ホテル主催のウエディングが、お手軽にリーズナブルに、挙式の準備から挙式後のフォトツアー、
パーティーまでリゾートから一歩も出ることなく完結できるのですが、
お客様から一番質問が多い、「前日の打ち合わせもなくて、本当に挙式の2.5時間前の準備で間に合うの??」を、
実際のスケジュール通りに体験。
2泊4日のタイトなスケジュールでも、挙式+バリ島世界遺産観光を堪能してきました。

DATE
(日)
CITY
(都市)
LOCAL
TIME
(現地時間)
CARRIER&
FLIGHT NO
(航空会社・番号)
SCHEDULE & HOTEL
(スケジュ?ル・ホテル)
2013
6/5
1日目
成田
デンパサール
11:00
17:25
GA-881 空路、ガルーダ・インドネシア航空にてバリ島へ
到着後、専用車にて アヤナ リゾート&スパ バリへ
リゾート内 サミサミレストラン にてウエディングメニューの夕食
夕食後、バリ島で最も人気のあるロックバーにてカクテルサービス
アヤナ リゾート&スパ バリ 泊
6/6
2日目
06:30-07:30 ホテルにてブッフェ形式の朝食(パディレストラン)
アヤナ 手ぶらでウエディング 模擬挙式&ホテル内視察
07:50-メインロビーに集合後、クラブラウンジ、クラブスイート視察
08:10-衣裳サロンにて説明→試着→ヘア&メイクの導入見学
09:15-トゥリスナチャペル、ガーデンチャペル、ホテル(アヤナ、リンバ)視察
***今回は視察後の挙式の為、着替えの時間を10分取りました***
10:50-11:35 アスティナチャペルにて模擬挙式+(周辺撮影)
11:35-馬車+フォトツアー(※アップグレードのオプション)
12:20-ホテル内レストランにて昼食(スパカフェ)
13:30-15:30 テルムマランスパ内アクアトニックプール体験(約2時間)
15:30-17:20 自由行動
(スパ、香水作りワークショップ、ヨガなど、ご参加の場合、有料となります)
17:30-トゥリスナチャペルのサンセット見学

ランギットシアターにてブッフェディナーショー
ブッフェ夕食:19:00?22:00
ショー:20:00?21:00(当日の演目はケチャダンスの予定)
美しい舞踊と何種類もの特別なインドネシア料理を伝統的な
ワルンスタイル(屋台スタイル)でお楽しみください。
アヤナ リゾート&スパ バリ 泊
6/7
3日目
07:00-08:30ホテルにてアラカルトメニューの朝食(ダヴァレストラン)
9:30- 専用車にてホテル出発
10:00- DFSまたはハイパーマートでショッピング
バリ島【世界遺産】観光
AM: 【世界遺産】 ジャティルウィの棚田鑑賞
ジャティルウィのレストランにて棚田を眺めながら昼食
PM: 【世界遺産】 タマン・アユン寺院観光
タナロット寺院にてサンセット鑑賞

人気NO.1ヴィラ ヴィラ・アイル・バリへご案内、リゾート視察
リゾート内、マタ・アイル・カフェレストランにて
カジュアルフレンチの5コースディナーをお楽しみください。
夕食後、専用車にて、パラダイス・バリ・ラウンジへ
パラダイスバリ専用ラウンジをご見学いただきます。
バリ雑貨サヤンショップにてお買い物も可能です。

空港へ送迎
6/8
4日目
デンパサール
成田
00:25
8:50
GA-880 空路 成田へ
成田着
◆1日目◆ 6/5(水)

【アヤナ リゾート&スパ バリ到着】

18:25アヤナに到着。ホテル棟エントランスでフランジパニのウエルカムフラワーレイでお出迎えをされ、スタッフ一同フランジパニの香りに笑顔が。
ミーティングルームでウエルカムドリンクのサービスと、リゾート内の簡単な説明、今晩からのスケジュールを確認後、お部屋へ移動。宿泊の部屋カテゴリーは"部屋指定なし" 客室面積48?の広々としたお部屋をTWN利用しました。
お部屋のダイニングテーブルには、ハネムーナー特典の"苺のチョコレート掛け"と、アヤナのウエディング日本人スタッフのお2人から、明日の模擬挙式の晴天を願い、可愛らしい"てるてる坊主"が!こんな心温まるサービスもアヤナリゾートならではですね。

【サミサミ レストラン】

営業時間 ランチ: 11:00?17:00 / ディナー: 17:00?23:00

今晩のディナーは挙式の前日でしたが、ウエディングメニューの料理をいただきました。
インド洋を一望できる絶好のロケーションで釜焼きピザや極上のパスタをトラットリアスタイルで楽しめる、人気のイタリアン"サミサミ"レストランでは、 ウエディングメニューを予約すると、レストラン利用の一般ゲストとは離れたガゼボなどにテーブルセッティングしてくれ、プライベート感たっぷりのパ ーティーが楽しめます。
前日の6/4生まれのスタッフの為に、オプションで用意されているウエディングケーキ"ストロベリータワーケーキ"を誕生日用にアレンジしていただき、サプライズのバースデーパーティーで盛り上がりました。

アヤナリゾートでは、挙式後のウエディングメニューを"サミサミ"以外にも、美しい庭園・蓮池に囲まれアジアン料理が楽しめる"パディ"レストラン、
美しいインド洋の眺めとシックなデザインが魅力で、エアコン完備の個室(2室)もご用意されたアジアンフュージョン"パディ"レストランの3つの会場で楽しんでいただけます。挙式後にご列席者とのランチorディナーをご希望されているお客様にはこちらのウエディングメニューがおすすめです。 レストランの席予約のみもできますが、その場合は一般ゲストと同様のテーブルセッティングとなります。
お二人だけでディナーをご希望の場合は、無数のキャンドルで囲われたインド洋が見渡せる絶景ガゼボで、2人きりの4コースディナーをオプショナルツアーとしてご用意しています。

"アヤナ リゾート キャンドルライト ロマンティックディナー" ご宿泊者はお二人で37,000円(10月以降は41,000円)となります。

■ウエディングメニュー ジンバラン(西洋・インドネシア折衷料理) お一人様15,000円

ウエルカムボード、テーブル生花デコレーション、メニューカード、席札がメニュー料金に含まれており、2名様から用意ができます。

〈メニュー〉

Amuse Bouche:ジンバラン湾産ホタテ マンゴー、チリ、コリアンダーソース仕立て
Appetizer:バターナッツパンプキンのクリームスープ 海老とグレープフルーツと共に
Cleanser:マンゴシューター
Lobster:グリルロブスターのカルダモン風味とオイスターのジャワ風 お花畑に見立てたお野菜と共に
Selection:コーヒー、紅茶、ハーブティー

【ロックバー】

営業時間  お飲み物 / 軽食: 16:00?1:00 (金曜日?日曜日 午前2時まで)

ディナーの後は、バリ島の観光名所!人気の"ロックバー"で宿泊者限定のトップデッキの特別シートで美味しいカクテルをいただきました。
インド洋の14メートル上の絶壁に位置する革新的なオープントップバー。インド洋に沈むサンセット時は1?2時間待ちの人気のバーですが、ご宿泊のお客様には優先レーン(海に向かって右側が優先レーン)が用意され、長蛇の列を横目に眺めながら"インネクリネーター"と呼ばれる専用のゴンドラにも優先的に乗れ、お席にも優先的にご案内されます。日没後もDJブースからの様々なジャンルの音楽とリズムをお楽しみいただけます。

◆2日目◆ 6/6(木)

【パディ レストランでの朝食】

営業時間 朝食: 6:30?11:00 / ディナー: 18:30?23:00

美しい庭園・蓮池に囲まれた"パディ"レストランで、ブッフェ形式の朝食。クラブルーム以外のご宿泊者がご利用できるレストランで、インドネシアン、バリ料理、和食、中華、飲茶、アツアツの卵料理、フレッシュジュースや珍しい南国のフルーツを楽しめる、毎日利用しても飽きないレストランです。

【クラブラウンジ】

営業時間  07:00?23:00

クラブルームとクラブスイートは、ホテルの東棟(海に向かって右側)の3?4階に位置し、クラブラウンジはその4階にある絶景のサンセットスポット。
エレベーターで4階に行くには専用の鍵が必要で、他カテゴリーの宿泊者はアクセスできないエリア。クラブラウンジではコンチネンタルの朝食を始め、一日5回のフードプレゼンテーションが用意され、営業時間内なら一部のアルコールも飲み放題!12歳未満のお子様の宿泊不可なので、ラウンジに子供は入れません。朝食の時間帯のため、宿泊者がおり写真が撮れませんでしたが、パディ レストランとは異なる優雅な時間が流れていました。

【クラブスイート】

インド洋を眺めるプライベートバルコニー付きのクラブルームとクラブスイート。アヤナではクラブルーム以上のカテゴリーには、ベッドに天蓋が付き、上質なAYANAオリジナルバスアメニティーを取りそろえた豪華な大理石のバスルームを完備。今回視察をしたのは、客室面積約98?のクラブスイート。クラブルームの2倍の広さのお部屋は贅沢な空間で、隣の客室と室内のコネクトドアで繋がり、2ベッドルームスイートとしての利用も可能です。

■ アヤナDEおまかせウエディング スケジュール ■

※1ご予約後、採寸表をご提出下さい。別途持込料のお支払いで衣裳の持込も可
※2空き状況により、チャペル併設のお支度部屋の利用可(事前の確約不可)

■□■ アヤナDEおまかせウエディング 【挙式2.5時間前・・・衣裳選び編】 ■□■

クラブラウンジとクラブスイートの視察後、アヤナリゾート内に併設のホワイトドアの衣裳サロンへ移動。
アヤナリゾートの日本人ウエディング担当者より、本日の模擬挙式の流れの説明と、ホワイトドアの担当者とカメラマンの紹介がありました。
おまかせウエディングで使用する衣裳と、カメラマン手配はホワイトドアとなりますが、それ以外は全てアヤナリゾートの手配となります。
本日の新郎新婦のモデルは、結婚1年目の弊社大阪支店の杉本夫妻。日本出発前にそれぞれ採寸表を提出しているので、衣裳サロン到着時はお二人のサイズにに合わせたドレス&タキシード、小物が準備されていました。ホワイトドアの日本人スタッフの方により、衣裳や小物選び、試着がスムーズに進められていきます。ホワイトドア内に用意されているドレスはシンプルで万人受けするドレスが多く、スタッフからの評判も上々でした。

この日のためにダイエットを頑張った甲斐あり。用意されたドレスも問題なく着ることができご満悦の様子。ドレスは新婦のヘアメイク中の時間を使いサイズ調整が行われます。まずは試着し、お気に入りのドレスが決定してから、その場で身体にフィットするように調整してくれるので安心です。

基本料金のドレス&タキシードはベーシックタイプ。デラックスタイプへのアップグレードは、現地払い一律RP.500,000-(約5,000円)で可能です。
ドレスにこだわりのある方は、衣裳持込料:ドレス30,000円、タキシード15,000円(10月以降は18,000円)で持込もできます。チェックイン時に預けると、専門の衣裳スタッフによるスチームなどのドレスケアと、フィッティング、着付け、お引上げのサービスが含まれています。
■□■ アヤナDEおまかせウエディング 【挙式2時間前・・・ヘア&ヘアメイク編】 ■□■

アヤナ専属ビューティシャンは、日本のヘア&ヘアメイクを学んでいるベテラン揃い。日本人スタッフが細かいニュアンスまで指示するので安心して施術していただけます。日本の雑誌のご用意もありますが、気に入ったデザインの切り抜きを持参いただければその場で対応可能です。メイク用品は日本でも人気のブランドや日本人の肌にあう色合いが揃っています。もちろんメイク用品はご持参いただけます。南国の日差しの中で生まれ育ったスタッフだからこそ、化粧くずれさせない、完璧な下地を作り、メイクを行っていきます。この日の新婦は、化粧崩れが一切ありませんでした!

■□■ アヤナDEおまかせウエディング 【挙式2時間前 → 45分前 → 衣装合わせ、リハーサル】 ■□■

新郎&新婦が準備を行っている時間を使い、アヤナリゾート内の視察が続きます。(注意)ご参考までに、アヤナのガゼボウエディングの会場です。
バリ島ウエディングの特徴は、生花をふんだんに使ったウエディング!フラワーバージンロードもガゼボの基本挙式に含まれています。

【バレ クンチャナ】

伝統的なバリ風のガゼボ

【アスマラ】

古代ジャワ宮殿を思わせるガゼボ

【トゥリスナ チャペル】

挙式時間 : 10:00 / 12:30 / 15:00 / サンセット17:30(追加代金 お二人で30,000円)

十字架の正面に落ちるサンセットが人気の三角屋根のロマンティックチャペル。
ガラスのバージンロード、蒼い海と新緑ガーデン、インド洋の美しいサンセットがご覧いただけるチャペルとしてサンセット時が人気です。
サンセットが十字架の正面に落ちる向きに建てられています!

トゥリスナチャペルのお支度部屋は、ヴィラを改装して造られたので広くて豪華。
下の画像は新婦用のお部屋。新郎用のお部屋もあります。
※手ぶらでウエディングの場合、お支度部屋が使えない場合は、ご宿泊のお部屋かスパ内のサロン等でお支度をしていただきます。

チャペルまでの石畳には横ラインは高揚感を高める作用があり、チャペルのエントランス横にはトゥリスナ基本挙式の生花付のウエルカムボード。

世界的に有名なバリ島在住のガラス作家、鳥毛清喜氏によるガラスの祭壇と美しい十字架と、きらきらと輝くガラスのヴァージンロードが印象的!

ラムネ色のガラスで造られたチャペルは、基本挙式の"ミックスローズのキャスケードタイプ 生花デコレーション"がよく映えます。
生花をふんだんに使っているので、チャペルの扉を開いた瞬間に上品なバラの香りがフワッと香ります。

トゥリスナチャペルのガーデンは、紺碧のインド洋と、アヤナリゾートの人気のロックバーから桟橋まで一望でき、挙式後の人気の撮影スポット。
サンセットの挙式は、トゥリスナチャペル、アスティナチャペル共に、基本挙式にチャペルの周りのキャンドルデコレーションが追加となります。

■サンセット挙式 (トゥリスナ チャペル 17:30) 追加お二人で 30,000円
☆ アヤナDEおまかせウエディング おすすめのポイント その1☆

とってもリーズナブルな"アヤナDEおまかせウエディング"だからこそおすすめしたいのが、ご宿泊のお部屋をヴィラにアップグレード!すること。
その中でも敷地面積500?のクリフヴィラは、ハワイやグアムのウエディングでは絶対に体験できない、バリ島ならではの贅沢な空間です。

【1ベッドルーム オーシャンビュークリフヴィラ】

まずは、目前のエメラルドグリーンに輝く芝生とその先のインド洋を臨めることのできる断崖に建つ、オーシャンビュークリフヴィラへご案内します。

木扉を開けると、そこはトロピカルガーデンに囲まれたプライベートプール完備の伝統的なバリスタイルのヴィラ。
広いリビングには、アヤナのハネムーナー特典のウエルカムフラワーブーケと南国らしいフルーツバスケットが置かれていました。

さらにベッドルームには、素敵なフラワーデコレーション!さらにバスタブには、ヴィラ宿泊の方へのおもてなしのウエルカムフラワーバス!!

【1ベッドルーム オーシャンフロントクリフヴィラ】

目前に広がるインド洋の素晴らしい海と南西の海岸線を一望できるのが、クリフの先端位置する、オーシャンフロントクリフヴィラ。
目の前に遮る物がないので、バスルームからも、そしてトイレの中からも、美しいインド洋が眺められます(笑)

【アスティナ チャペル】

挙式時間: 10:30 / 12:00 / 13:30 / 15:00 / サンセット17:00(追加代金 お二人で30,000円)

海に浮かんでいるような全面ガラス張りのモダンでスタイリッシュなチャペル。祭壇から180度アクアブルーのインド洋を水平線の彼方まで一望できます!美しいサンセット時も人気ですが、南国の色鮮やかな花々に囲まれた長いアプローチが一番美しく映える、午前の時間帯が人気です。

アスティナチャペルのお支度部屋は、メイン通路の左右に2棟。1日5枠の挙式で、他の新郎新婦と鉢合わせしないように用意されています。
※手ぶらでウエディングの場合、お支度部屋が使えない場合は、ご宿泊のお部屋かスパ内のサロン等でお支度をしていただきます。

トゥリスナチャペルとの違いは、チャペルの周りはヴィラが点在しているだけなので、プライベート感を求めている方におすすめという点です。

サンセットの挙式は、トゥリスナチャペル、アスティナチャペル共に、基本挙式にチャペルの周りのキャンドルデコレーションが追加となります。

■サンセット挙式 (アスティナ チャペル 17:00) 追加お二人で 30,000円

全面透明なガラスが美しく開放感溢れるチャペルは、
基本挙式の"カサブランカと白バラ、ハイドランジアのキャスケードタイプ 生花デコレーション"のエレガントな色合いが、
ガラスの祭壇とバージンロードに映えます。
扉を開くと、世界的に有名なバリ島在住のガラス作家、鳥毛清喜氏によるガラスのバージンロードがきらきら輝いています。

■□■ アヤナDEおまかせウエディング 【 10:30 アスティナチャペル にて西洋挙式 (約30分) 】 ■□■

8:00のスタートから約2.5時間が経ち、ヘア&ヘアメイクとお着替えが終了した新郎新婦が、照れながらお支度部屋から登場!!
2.5時間前の準備でここまで完璧に生まれ変わった新郎&新婦。二人の完成度にみんな大絶賛!
新婦が選んだドレスは、ホルターネックのシンプルなドレスでした。追加代金なしのベーシックタイプ。
新郎が選んだタキシードは、追加代金RP.500,000-(約5,000円)のデラックスタイプ。 二人の選択に反対だろぅ!と思わずツッコミと爆笑!
きらきらと輝く太陽と青く澄みきった空に、南国の色とりどりのお花と緑が色を添えて、より一層白いドレスが映え、新婦は本当に綺麗でした!

幸せたっぷりのお二人をさらに盛り上げてくれたのは、バリ衣裳で身を包んだ、可愛いフラワーガール(2名)とイケメンのエスコートボーイ(2名)。
この4名が入ることによって、バリらしい素敵な写真を残すことができ、おすすめ!エスコートボーイが持っているバリ傘(パユン)は、バリヒンドゥー教のお寺に飾られ、祭礼に欠かすことができない大切なアイテム。
ここは神々の棲む島バリ島。信仰心の厚いバリの人々は、神様が雨に濡れないよう、神様が日蔭で休めるようにと、祭礼時にはいつも近くにいる神様のために用意しています。この日もバリの神様が近くから二人を見守っていました。

■フラワーガール(2名)+エスコートボーイ(2名) 追加オプション 12,000円

いよいよ入場!ウエルカムボートの生花のフラワーデコレーションもチャペル内の生花と同デザイン。ガラスのバージンロードが祭壇まで続きます。

祭壇の前方の水の上に浮かぶ十字架は、まるでインド洋に浮かんでいるようです。式は日本語の式辞に沿って牧師が進めていきます。
挙式中は3名のアカペラコーラスによるロマンティックセレナーデがチャペルに響き渡り、気持ちが高揚し列席者は思わずウルウル。

立会人2名の協力もあり、式は滞りなく終了し、いよいよ退場です。フラワーシャワーのトンネルを通り抜けると、緊張していた二人にも笑顔が。

■□■ アヤナDEおまかせウエディング 【挙式会場内 および 周辺撮影 (約30分) 】 ■□■

挙式中は専属カメラマン以外、参列者による写真撮影が禁止されています。(今回、私だけ特別許可されていました)
式が無事終了し、チャペル内と周辺で専属カメラマンと参列者による撮影大会がスタート!

新婦は現地オフィス"パラダイスバリツアーズ"の元駐在スタッフ。模擬挙式ですが・・・この日、バリ人スタッフがお祝いに駆けつけてくれました(笑)

参列者は、皆さん興奮し、間近でバリ人の色とりどりの正装姿に感激していた感じでした。
この日のために、パラダイスバリのスタッフとガイドが正装で集合。サヤンショップの看板娘のウィンタリの正装姿も綺麗でした!

さらに、チャペルから十字架の横のアプローチを進んで海側の芝生ガーデンへ。蒼いインド洋を目の前に二人の撮影が続きます。
ここまでが、基本のフォトデータ(30カット分)に含まれる範囲になります。

新婦の生花のブーケと新郎のブートニア(左胸に飾る生花)は、基本挙式に含まれており、予約時にイエローorピンクの2色から選択してもらいます。
二人が選んだのは、バリの景色にぴったりの、イエローフランジパニのラウンドブーケとブートニア。
バリの花、イエローフランジパニ(プルメリア)の一つ一つの色が集まって、上品で爽やかなイエローのグラデーションがブーケ全体を包んでいます。

新婦は選んだブーケと同じイエローフランジパニとアイビーで作られた、生花のヘッドピースを追加していました。南国ウエディングらしく美しい!!

■生花ヘッドピース 追加オプション 6,000円(10月以降は7,000円)
☆ アヤナ 手ぶらでウエディング おすすめのポイント その? ☆

とってもリーズナブルな"アヤナ手ぶらでウエディング"だからこそおすすめしたいのが、アヤナリゾート内のリゾートフォトツアー!!

■リゾート内 フォトツアーデータ 追加オプション 現地払いRP.4,000,000-(約40,000円)

アヤナリゾート内は写真撮影の絶景スポットの宝庫。リゾート内をバギーで移動しながら、おすすめスポットで撮影を行います。
挙式中とその前後はもちろんの事、このフォトツアー中も、他のウエディングカップルとのバッティングは一切ありません。広大な敷地のリゾートを縦横無尽に移動しているとバッティングしそうなものですが、スタッフは常に各カップルの居場所をトランシーバーで連絡を取り合い、コントロールしています。ホテル主催のウエディングだからこそできる技ですね。

■馬車(約15分) 追加オプション 9,000円(10月以降は12,000円)

さらに、アヤナリゾートで人気のウエディング追加オプションが、馬車です!バリ島だからなのか、とてもお安くご利用いただけます。
チャペルの近くからホテル棟の車寄せのガジュマルの木までリゾート内を移動しながらの撮影大会。参列者はバギーに乗って二人を追いかけます。
挙式後に、お花で美しい敷地内を、白馬の馬車に乗ってお散歩をしてみませんか。挙式後の余韻に包まれながら、衣装を着たままで行く馬車でのお散歩は、バリ島でもここ、アヤナ リゾート&スパでのみ、体験できます。
※フォトツアーを申込の場合のみ予約が可能
※妊娠中の方はご利用不可 
※サンセットウエディングの場合はご利用不可

ホテル棟の車寄せで馬車から降りて歩いていると、出掛けようとしている外国人宿泊者から「Congratulations!!」とお祝いの掛け声が。
アヤナリゾートの代名詞とも言えるスポットで次々と撮影が続けられていきます。手際の良さはとスタッフ達のチームワークは完璧でした。

アジアらしい和傘や、インド洋をバックにお寺の横で。広い芝生でお姫様抱っこの撮影には新郎が四苦八苦していました。
インド洋をバックに広い芝生でジャンプ撮影。ラストは、お手軽ウエディングで使用したバギーでの撮影で無事終了。
お二人ともお疲れ様でした。

【ランギットシアター】

営業時間 (不定期開催) ブッフェ夕食: 19:00?22:00 / ショー: 20:00?21:00

トゥリスナチャペルの横に位置する屋外ステージを囲む屋外レストラン。美しい満点の星空の下で、息を呑むほど美しい舞踊と何種類もの特別なインドネシア料理を伝統的なワルンスタイル(屋台スタイル)でお楽しみいただけます。

この日は星空の下で、人気のケチャダンスを鑑賞しながらブッフェディナーの予定でしたが、直前のスコールで急遽場所が変更。朝食で利用したパディレストランに移動し行われました。宿泊のお客様は、初めて見るインドネシア、バリ料理に興味津々。目で見る楽しさもブッフェの醍醐味です。

セッティングが変更したとは思えない、素敵なテーブルセッティング。
一番右側は、インドネシアのサテ(鳥、牛、ラムなどの串焼き)、甘辛いピーナツソースを付けていただきます。

バリ島の名物料理、バビグリン(豚の丸焼き)!祭礼やお祝い事にかかせないバリ人のご馳走です。バビは「豚」。グリンは「回転する」と言う意味。
香草とスパイスを体内に詰め、豚の口からおしりまで棒を突き刺し、ヤシ油を塗りながらキツネ色になるまで直火でグルブル回しながら焼いていきます。
パリパリの皮が香ばしく、病み付きになる一品。ワルンと呼ばれる屋台風のローカル店では、お腹が心配な方にはおすすめです。

色とりどりのバリのお菓子や南国フルーツは目で見て楽しく、食べて美味しい!最高の時間です。

屋外から屋根付のステージに変更して、ケチャダンスがスタート!ケチャダンスが初めてのスタッフは"チャ!チャ!チャ!チャ!"の男性の踊り子の掛け声と不思議なリズム、煌びやかなバリ衣裳に身を包んだ女性の踊り子に興奮気味。ラストの記念撮影は盛り上がりました。

◆3日目◆ 6/7(金)

【ダヴァ レストランでの朝食】

営業時間 朝食: 07:00?10:30 / ディナー: 18:30?23:00

ヴィラ宿泊者のみが利用できるダヴァ レストランを特別にアレンジしていただき、人気のアラカルトメニューの朝食を堪能しました。
美しいインド洋の眺めとシックなデザインが魅力の「ダヴァ」レストランでは、モダンインターナショナルなお料理をご提供。
蓮池に囲まれたアウトドアのテラス席や、エアコン完備の個室(2室)もご用意しています。

日本語で書かれた朝食用のメニューからお好きなものをお好きなだけ注文できるので、個々に注文してみんなでシェアすることもできます。

注文後、厨房からアツアツの料理が運ばれ、淹れたてのバリコーヒーと一緒に至福の朝時間を過ごしました。

■バリ島世界遺産 「バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム」

世界遺産登録されたバリ州に残る文化的景観は、バリ島の伝統的な水利組合であるスバック(バリの水利組織)によって長い間維持されてきました。
「トリ・ヒタ・カラナ」とは、サンスクリット語の「トリ」、「ヒタ」(安全、繁栄、喜び)、「カラナ」(理由)に由来し、"神と人" "人と人" "人と自然" という三者の調和を重視するバリ・ヒンドゥーの哲学。「スバック」は、9世紀以来のバリの水利組織であり、公平な水を配分する農民たち組織と同時に、約1627のスバックごとにスバック寺院を持ち、水の神や稲の神などへ崇拝や、宗教儀礼とも密接に結びついてきました。バリ州の棚田景観は、そうした哲学(宇宙観)や水利システムに裏支えされて維持されてきた文化的景観です。

【世界遺産・ジャティルウィのライステラス(棚田)】

アヤナリゾート&スパバリを出発後、DFSとハイパーマートでお土産を購入後、いざ2012年世界遺産登録のジャティルウィのライステラスへ。
南部のビーチエリアから片道2.5?3時間。12?14シートの車がちょうどの幅のクネクネした林道を進んでいきます。
バトゥカル山のスバック景観を構成するジャティルイの棚田は、今まさに収穫時。黄金色の稲穂が風になびいている風景を見ることができるはずが、この数日ゲリラ豪雨の影響で、残念ながら稲穂が倒されてしまっていました。収穫している農家の方達も四苦八苦している様子。目の前に世界遺産のライステラスを眺めながら食事ができる1969年創業のBILLY'S TERACEで名産の赤米を中心としたインドネシアンのブッフェランチ。

4月に訪れた時は、新緑の田園風景でした。昔、カード会社のCMで夫婦がバイクに二人乗りして走り抜けているシーンで有名になった棚田です。

世界遺産の看板はBILLY'S TERACEの目の前辺りにあります。一番右の写真がスバックによる水利システムの一部です。

【世界遺産・タマンアユン寺院】

2012年世界遺産登録。かつてメングウィ王国の都があり、王族の寺、メングウィ王国の国寺として建てられたタマンアユン寺院は、バリ・ヒンドゥーの総本山 ブサキ寺院に次ぐ、バリで2番目に大きい寺院。周囲を美しい庭園で囲まれ、バリ島で一番美しいと称され、先祖を称える神聖な場所。

境内には10基のメル(アグン山を模した屋根の重なる塔のこと)が立ち壮観な眺め。ここには11層のメルが4塔あります。

みんなで記念撮影!4月に訪れた時は、寺院でお祭りの準備が行われており、その時の寺院やメルへの装飾は真ん中と右側のようになります。

境内の中には、バリヒンドゥー教徒しか入ることができません。観光客は境内の周りからの見学となります。(写真は4月の祭礼時のもの)

【タナロット寺院】

バリ島の2大サンセットの名所として、ウルワツ寺院と共にも有名なタナロット寺院。まるで海に浮かんでいるように見える岩礁の上に建てられており、「ロック・テンプル」とも呼ばれています。16世紀にジャワから渡ってきた高僧ニラルタがこの地の美しさに目を奪われ、「これぞ神が光臨するのにふさわしい場所」と村人に説いて建立したそうです。

バリ島の観光地の中で、観光客が一番多く訪れるスポットです。聖なるパワースポットしてバリ人も数多く訪れます。
陸と岩礁の間は、干潮時に陸続きになり歩いて寺院の近くまで行けますが、原則として異教徒は岩の上に上ることも寺院内に入ることもできません。

タナロット寺院と反対側の海にもう一つ、バトゥボロン寺院という、長い間の侵食で岩に穴が開いてしまった素敵な寺院があります。
この日は残念ながら、美しいサンセットが拝めませんでしたが、以前訪れた時のサンセットはこんな感じです。

■ヴィラ・アイル・バリ

タナロット寺院から車で約45分。クロボガン地区のライスフィールドに囲まれた6年連続No.1人気のヴィラ・アイル・バリに到着。
"Air(アイル)"とはインドネシア語で"水"。風水学を取り入れ、心地良い風と清らかな水のせせらぎの音が聞こえる癒しのラグジュアリーヴィラです。
全16棟の隠れ家リゾートは、先日改装工事が終了したばかり。早速リニューアルしたリゾートを視察。

【1ベッドルームヴィラ・プライベートプール付】

全8棟/敷地面積:約230㎡

今回のリニューアルで一番変わったのが、バスルーム。半屋外のバスルームもありましたが、屋内のバスルームに変わり、バスタブもリニューアルしました。宿泊者の9割が日本人なので、日本人好みの仕様に変更されたので、今まで以上に滞在しやすくなりました。
全部屋共通ですが、天蓋付のベッドルームに設置のPCは、日本語対応のPCでWi-Fiの接続は無料です。
PCの横には毎日補充してくれるスナック(お菓子)やホテルオリジナルのナチュラルな虫除けスプレーが用意されています。
屋外のリビングには、日本製のTVやDVDが用意されているので、日本からのDVDなども視聴可能です。ターンダウン時には、虫除け用の香取線香が焚かれ、不思議なことに屋外でも虫に刺されることがほとんどありません。キッチンには充実の調理器具と食器、ミネラルウォーターサーバーも設置されているので、幼児の粉ミルク、離乳食など、簡単に作ったり温めたりできるので、当初はカップルとハネムーナーに人気のヴィラが、現在ではファミリーでの需要が年々増加しています。事前リクエストがあれれば、プライベートプールの周りに落下防止の柵を付けてくれるので、ヨチヨチ歩きのお子様にも安心です。もちろんプールで遊ぶための浮き輪やマットの用意もあります。

【1ベッドルームヴィラスイート・プライベートプール付】

全4棟/敷地面積:約230㎡

1ベッドルームヴィラのバスルームが完全屋内のデラックス仕様になったお部屋が1ベッドルームヴィラスイート。

【グランドヴィラ(3ベッドor 4ベッドルーム・プライベートプール付】

全1棟/敷地面積:約785㎡

予約困難な人気のグランドヴィラ。30名までウエディングパーティーができる広い庭。水泳大会が出来るくらいの大きいプライベートプール。

リビングはリビングセットが2つ分。ダイニングには大きなダイニングテーブル。ダイニング横から2階に上がる階段。

4つのベッドルームはそれぞれ独立しているので、プライベート感を気にしている家族やグループにもおすすめ。
それぞれのベッドルームにはバスルームがそれぞれ付いて、おまけに豪華です。スパのトリートメント台も用意されているのでお部屋でスパもOK!

キッチンは大人数でワイワイ作ることができる広さ。シェフを呼んで料理を作ってもらうこともできます。

【スパ・アイル】

営業時間 :09:00 - 23:00 年中無休

ボディパックやスクラブなどには100%天然原料を使用しており、新鮮な原料を揃えることから始まり、各トリートメント用に調合してくれます。

"Air(アイル)"とはインドネシア語で"水"。リゾートを歩いていると至るところから水のせせらぎが聞こえてきます。

【マタ・アイル・カフェ】

営業時間 :07:00 - 23:00 年中無休 (L/O: 22:30)

リーズナブルな料金で、本格的なカジュアルフレンチが召し上がることが出来る人気のレストラン。
カジュアルフレンチ、インドネシア料理、フォーマルディナー、バーベキューなど、少人数から大人数のパーティーまで幅広く対応しています。
毎週、月・木・金はレストランで人気のダンス鑑賞やライブなどのイベントが行われています。

◆バリニーズダンス鑑賞 / 毎週月・木曜日:19:00 - 21:00 レストラン隣接の中庭でバリニーズダンス鑑賞&ディナー
◆アコースティックギターライブ&ディナー / 毎週金曜日:19:00 - 21:00

今回は "NO.1ヴィラ感謝特典" 滞在中1回カジュアルフレンチディナー(5コース)を用意してくれました。
※メニュー内容は随時変更します。

AMUSE:本日のシェフスペシャリテ
APPETIZER:野菜のチキンロールときのこサラダ
SOUP: 本日の自家製冷たいスープ
MAIN COURSE:バリ産 鯛のソテーモンテカルロ風ラタトィユを添えてor 骨付きポークのグリル、オレンジとパイナップルのソース
DESSERT:ホームメードキャラメルプディングトロピカルフルーツ添え
COFFEE OR TEA:コーヒーまたは紅茶

メインコースは、魚または肉から選択。今回は鯛のソテーをいただきました。そしてマタ・アイル・カフェの裏おすすめは、焼きたてパン。
他のリゾートでは、ディッシュ系のパンが多い中、日本人好みのシンプルでふかふかのパンは、お替りをしているスタッフが多かったです。

ヴィラアイルの視察とディナーの終了後、空港までの送迎時に"パラダイスバリ・ラウンジ"に立ち寄り、午前中に購入したお土産をスーツケースに詰直し、サヤンショップ(バリ雑貨コーナー)でお土産を買い足し、出発までの準備を行いました。

今回は2泊4日という短期間でしたが、研修に参加されたスタッフの方、お疲れ様でした。
そして、アヤナ リゾートの皆様、大変お世話になりました。実際に挙式に参列してみて、手ぶらでウエディングが、どれだけリーズナブルで素晴らしいウエディングなのか、再認識しました。これからはどんどんお客様にご紹介していきます。ありがとうございました。