HOMEスタッフ研修レポート > バリ島研修レポート 2012年12月

スタッフ研修レポート

バリ島研修レポート 2012年12月

東京支店スタッフ(TA)
1日目:12月1日

レインボーツアー集合場所のGカウンターでお客様がお手続きしているのを見届けてから、ガルーダインドネシア航空Fゾーンへ向かいました。
こちらでチェックインした後、そのすぐ左に短期ビザの代金お支払いカウンターがあり、\2080で購入してから出国手続きをしました。

  • Gカウンター
  • 短期ビザの代金お支払いカウンター
  • 短期ビザ

エグゼクティブクラスのシートのみ見学させてもらいましたが、どのように動くのかも分からず、とりあえず広めのシートだけ写真を撮らせてもらいました。

  • エグゼクティブクラスのシート
  • エコノミークラス 液晶モニター
  • 機内食

エコノミークラスは液晶モニターがあり、映画や音楽・ゲームなどそれぞれを楽しめます。
座席に着いてから、オレンジジュースやアイマスクが配られました。その後、ミックスナッツと飲み物を頂いてから、機内食でした。食事を終えてから、ペットボトルの水と出入国カードが配られます。
座席が後ろの方だったということもありますが、「機内入国審査プログラム」回ってくるのに時間がかかった気がしました。手続きを終え、緑色のパウチされたカードをもらいます。
1時間後くらいには、ハーゲンダッツのアイスが配られました。
デンパサールへ到着。飛行機を降りた途端、蒸し暑い・・・。写真を撮ったら、レンズが曇っていました。現在、空港が工事中らしくバスで移動しました。

  • デンパサールへ到着
  • バスで移動
  • バリらしい門

バリらしい門みたいなのを通り抜け建物の中へ。オプショナルツアーのパンフレットのラックが何個かあり、それを通り過ぎてから、機内でもらった緑色のカードを提出します。その後、手荷物待ち。室内なのに、冷房きいてなくて暑かったです。暑い中で待っていたせいもあり自分の荷物が出てくるのが遅く感じました。やっと、荷物を手にして移動。その後、更にセキュリティチェックを通してから、何軒かの両替所の前を通るのですが、呼び込みしていて危なく近づいてしまいそうになりました。
外に出ると沢山のガイドさん達がいました。圧倒される中『レインボーツアー』を探して・・・、松井さんとガイドのスタリアと合流しました。
車寄せの所までは、スターバックスやコールドストーンなどのお店があるアーケードを少し歩いて行きます。お年寄りや足の不自由な方は少し距離を感じると思います。カートを使っても良いみたいです。

  • 空港の外へ
  • 車寄せ
  • パラダイスバリラウンジ

車にのり、パラダイスバリラウンジへ向かいます。車内では、ガイドのスタリアさんからお花のプレゼントを頂き、バリ島の案内をしてもらいました。
パラダイスバリラウンジに入ると、本日の両替レートのボードが目に入ってきてお土産などもありました。
ソファーもあり、ウェルカムドリンクを頂きました。(甘かった・・・)

〔夕食;MAJOLYレストラン〕

パラダイスバリラウンジから車で15分程の所にある。現地の土曜はこちらで言う華金で、若者達は夜遊びとかするらしく、渋滞していました。 入口からオシャレな雰囲気で、暗くてあまり良く見えなかったけれど奥には海があり砂浜の上にロマンティックディナー様のテントが3つセットされていました。
私たちが通されたのは、屋外にあるテーブルでした。まずはエビのスープですが、ハラワタの味というか臭みがありあまり美味しくはなかったです。
メインの牛肉のステーキは良く焼いてもらうようにしたのですが微妙に赤くて不安になりながらも頂きました。
デザートは普通に美味しかった。

  • 夕食;MAJOLYレストラン
  • 夕食;MAJOLYレストラン
  • メインの牛肉のステーキ

MAJOLYからクンジャまで車移動ですが、土曜日だったこともあり渋滞していました。
車事情は、左側を走るのは日本と変わりはなかったですが、原付がすごく多いのと、割り込み方が凄い。ドライバーテクが必要そうでした。

【クンジャに宿泊】

部屋の前まで車で行きました。扉を開けた瞬間にプールが目の前にあり、広くて、テンション上がりました!!とにかくスゴイの一言!!!
冷たいおしぼりと冷たいウェルカムドリンクが出てきて、チェックインの手続きとお部屋の説明、明日の朝食時間を決めました。
プール・・・深さ左側1.1m右側2.2mとなっていて、平泳ぎも出来る程。夜に入ってもそんなに寒くなかった。
バスタブ、シャワー・・・お湯がぬるかった。仕切りがないので、周りに少し飛び散ってしまうし、シャワーヘッドが動かないし水圧が弱めで使い勝手は良くないと感じた。
朝食・・・時間になるとチャイムが鳴り、お兄さんがバスケットを持って来た。お部屋にあるキッチン利用して朝食を作ってくれました。量が多くて、食べきれなかった。

  • クンジャ プール
  • クンジャ
  • クンジャ

<クンジャ>

泊まったお部屋から少し歩いて、チャペルと3ベッドルームヴィラを見せてもらいました。
とにかくプールが広い。お部屋もゆったりしていて全体的に広いという印象でした。

<ヴィラアイルバリ>

1ベッドルームスイートを見学。鏡を多く使用していて、バスタブにもハンドシャワーがある。アラムセンポールのアメニティが用意されていてダブルシャワーになっている。洗面台もふたつあり、使い勝手が良さそう。お部屋ではwifi,インターネットが使用できる。(日本の様にはサクサク繋がらないらしいが・・・)
続いて、1ベッドルームヴィラ。お部屋とリビングの造りはスイートと同じだが、バスタブにシャワーヘッドは付いていない。バスルームもオープンタイプとクローズタイプの2種あり日本人にはガラスがあるクローズタイプを好まれる方が多いとのこと。
ベッドはハリウッドツイン(真ん中に間があるタイプ)リクエストベースとなるが対応も可能。2ベッドルームヴィラはクローズタイプとオープンタイプの2棟あり、シャワールームも二つある。エキストラベッドを入れれば6名宿泊可能となります。朝食はお部屋もしくはレストランを選べる。
4ベッドルームヴィラは1棟で、3部屋がダブルベッド・1部屋がツインベッドです。プールもお庭も広い造り。1日前までに連絡をすればバーベキューの用意も可能。
また、キッチンには大きい冷蔵庫もあり、パーティーなどをするにも対応出来る。また、特典のマッサージは基本的にお部屋で施術するのが基本となっており、スパ用のベッドもある。
スパルーム・・ダブルルーム1棟、シングルルーム4棟の合計5棟あります。
ヴィラアイルバリには日本語を話せるスタッフが2名いて、支配人が日本人なのでお食事とかも日本人向けになっているらしい。
また、スイートヴィラのアメニティで利用されているアラムセンポールのマッサージソルトやボディミストが人気でそれを目当てに買いに来る人もいる。
ウェルカムドリンクは、微炭酸のライムジュースでさっぱりしていて美味しかった。お子様にはオレンジジュースを出している。
ホテル特典のマッサージは、セラピストが少ないので事前にあらかじめ予約をした方が良いとのことでした。2か月前とかだと比較的予約しやすい様です。

★BINTANG SHOPPING CENTER★

お菓子や日用品、お土産など品揃えが豊富で、時間があればゆっくりお買い物を楽しめる。
お土産用にあらかじめラッピングされているお香とかせっけん、バスソルトなどがあって価格も安いし、思わず沢山買ってしまう。バリのお菓子はあまり美味しくないらしい・・・

〔昼食;DESAMUDA〕

インドネシアン料理のランチ。まずは、チキンのスープ。お店がオープンな造りなので温かいものを食べると少し汗が出てくる。小皿に色んな味付けの料理が並べられ、ご飯も出される。自分はあまり口に合わない料理が多かった。デザートはかき氷でした。

<レギャンビーチホテル>

スーペリアルームダブルベッドのお部屋を見学。窓がないのでお部屋全体が暗い印象。テレビは大きく、ベッドも広々としていた。ギンガムチェックのクッションとか可愛かった。
続いて、スーペリアルームツインベッドのお部屋へ。上の階にありバルコニーもあるためお部屋が明るくて、ダブルのお部屋より広くて個人的にはこちらの方が良かった。
デラックスガーデンバンガローはガーデンウエディングなどに利用される。バージンロード的な所にはバリっぽいデザインになっていた。デラックスプールヴィラはバスルーム・シャワールームが広くて使い勝手は良さそう。プールはクンジャに比べると小さく感じるけれど、正方形の造りだから入りやすそうだった。
デラックスビーチバンガローは3部屋のインターコネクティングルームで広い。

スパは6ルームある。
ココプールはプールに入りながら、飲食が出来る様な造りのカウンターがあり気持ち良さそうでした。現在日本人スタッフはいないが、日本語を話せるスタッフはいるとのこと。
ウェルカムドリンクはマンゴージュースでした。氷は入っていないけど冷たくて濃厚で美味しかった。アロエの果実が入っていて下に赤いシロップが入っていた。

<パドマバリリゾート>

ロビーがとにかく広い。丸いオブジェの周りにソファーがあります。
6:30?21:00まで開いているジムのとなりにデパーチャーラウンジがあり、そこを見学。無料でお水やコーヒーなどを利用できるし、スチームサウナなどもあるし、シャワーも使えて着替える部屋もある。勿論タオルも無料で使えます。チェックアウト後に利用も出来ます。また、パドマには24時間対応のクリニックもあり安心出来る施設だと思った。
続いてラグーンアクセスルームへ。お部屋からプールへそのままアクセス出来て欧米人には需要が高いお部屋です。シャワーブースとバスタブが分かれていて、鏡が多く使われていてモダンな造りでした。日本人に人気のガーデンクラブシャレーを見学。お部屋は広くバス・トイレは使い勝手が良さそうでした。ラウンジは10:00?23:00まで利用できて17:00?19:00の間はカクテルアワーでアルコールも飲み放題になります。マンダラスパにはカップルルームは2部屋しかないが2日前くらいまでに予約すれば大丈夫らしい。
キッズクラブもあり、また朝・夕に池の鯉にえさやりの時間があるのでお子様がいらっしゃる方でも利用しやすいと思います。

<バリ・マンディラビーチリゾート>

ビルディングタイプ、ヴィラタイプ、コテージタイプ(バルコニーありorなし)のお部屋がある。お部屋のカテゴリーにクラブがつくとクラブラウンジが使える。デラックスコテージを見学。リクエストベースだが全てコネクティングルーム対応している。また、お部屋のコンセントは日本の製品をそのまま差し込むことが出来る。変圧器に関しては、フロントで1台しかないみたいだけど、借りることも出来る。デラックスクラブコテージとは部屋の広さは同じで特典がつくかつかないかの違い。どのお部屋も入ると良い匂いがした。けれど、何か匂いの対策をしている訳ではないらしい。ちなみに、お部屋の中は禁煙でバルコニーやベランダでは喫煙出来るとのこと。
続いてプライベートプール付きヴィラを見学。ここにお泊まりの場合、チェックインの手続きはヴィラ内で行います。また、朝食はヴィラ内かレストランを選べます。
バリマンディラは、現在メインプールの改装工事を行っている為、臨時のプールが用意されています。臨時という響きからきちんとしたプールでないのではと感じてしまいますが、思ったよりは、ちゃんとしたプールでした。子供用プールもありました。

〔夕食;WARUNG Jerami〕

お店の中は、そんなに広くはないけれど綺麗で雰囲気が良かった。3種類あったので、全てオーダーしてみた。ここで出てくる料理は、日本人に合う味付けだったからか全て美味しく感じました。

【クプクプバロンヴィラスに宿泊】

到着した頃は、既に真っ暗でした。フロントから見えるロマンティックディナー会場がライトアップされていてとてもきれいでした。
フロントでおしぼりとウェルカムドリンクが出てきてチェックインの手続き。パスポートと代表者のクレジットカードを出しました。お部屋まではバギーに乗って行きます。ディズニーのアトラクションみたいな感じでした。暗くて周りは良く分からなかったけれど、とにかく急斜面で後ろ向きに乗っていたのですが、落ちてしまいそうで思わず足に力が入ってしまいました。私たちが泊まったお部屋はROOM碌餘靴任靴拭H發魍けて階段を下って行くとプールがありました。お部屋の扉を開けて、靴を脱ぎます。天蓋付きのベッドがあり、バリっぽくて可愛らしいお部屋です。電気をつけても少し暗く感じました。部屋の中は広めで、奥にバスタブがありトイレとシャワールームは別々になっていました。wifiもパスワードを設定してもらい無料で使えます。若者に交じって自分もやってみました。室内は電波が悪かったですが、lineとかfacebookで日本にいる友達と繋がれて、現代って凄いな?としみじみ思ってしまいました。
プール・・・正方形ではなくて五角形的で狭い。泳ぐというか浸かるという感じ。夜だと周りが何も見えない。けれど蛍が数匹見えました!!蛍がいるってことは水が綺麗だって事ですね。ウブド地区だからか、夜プールに入ると寒い。鳥肌がハンパない・・・。
バスタブ、シャワールーム・・・お湯は温かいし、はなびらを浮かべて優雅に入浴出来る。シャワールームは扉があり、お湯が飛び散ることもない。シャワーヘッドは動かないけれど、お湯は温かいのがきちんと出るし、水圧があるのでそれでカバー出来ている。また、可愛らしいガラスの瓶の中にロクシタンのソープ等が入っていてそれを使えるのはありがたい。
朝食・・・レストランまでは距離がありので、バギーを呼ぶ。電話してから5分ほどで来てくれる。マイナスイオンたっぷりの壮大な景色を見ながらお食事を楽しめる。ジュース、ヨーグルト、クレープは何種類かの中から選べて、卵の調理方法も選べる。美味しかったけれど、朝から量が多すぎ。そしてハエが多いので、気になる。

  • クプクプバロンヴィラス
  • クプクプバロンヴィラス 朝食
  • クプクプバロンヴィラス

<クプクプバロンヴィラス>

マンゴーツリースパは7室あるが、残念ながら満室で見学することが出来ずお土産コーナーだけ見て来ました。デュプレックスプールヴィラは2階にベッドルーム、1階がリビングになっている。バスタブと流しが泊まったお部屋とまた違った雰囲気でした。バルコニーからは渓谷が見えて自然を満喫出来る。続いて新館のジャングルリトリートを見学。部屋からはメインプールが見える造り。このカテゴリーの部屋にはプールが付いていないので、メインプールを使う。バス、トイレは別々になっていてお部屋も全体的に広い印象。
ツリースパは、オープンタイプで緑に囲まれている感じで施術してもらえる。シャワールームにはロクシタンのアメニティがあり、ポンプなので使いやすそうだった。

<ロイヤルピタマハ>

全体的に建物がバリっぽい造りでした。ラウンジは見下ろす感じで川とかが見える。
まずはプールヴィラを見学。ロビーから少し歩いて移動。門の両側に蛙の石造があったりしてバリっぽい造りになっていた。ダブルベッドもツインベッドも対応が出来る。ダブルベッドは結構広めでした。部屋からはプールが見えて、その向こうには緑が広がる。プールも広い。バスタブはハート型で可愛らしくて洗面台にはシンクが2つあるし、広々としていた。この部屋に置いてあるテレビはブラウン管だった・・・。
続いてロイヤルプールヴィラ。造り的には同じみたいだったけど、全体的に高級感がある。テレビもベッドルームに1台、リビングルームに1台の2台あり、液晶タイプだった。プールの形も同じだったけど、こちらのタイプには外のシャワーがある。

<フォーシーズンズリゾートバリアットサヤン>

ウッドデッキを歩いて行くと、階段がありそこを下りるとメインロビーとロビーバーがある。ガムランの音が響き、良い雰囲気でした。11時?14時までは毎日演奏しているようです。更に階段を下りれば、レストランがある。その下の階にフィットネスがありスチームサウナやジャグジーがあったりする。森林浴しながらジャグジー利用は気持ち良さそうでした。同じ階にラウンジがありライブラリやテレビ、パソコンは3台あり17:00まで利用できます。1ベッドデュプレックススイートを見学。階段を下りるとベッドルームになっている。バスタブ、洗面台のシンクは2つ、シャワールームがあり、クローゼットが2畳くらいあって広かった。アイロン台もあった。
続いてバギーに乗って移動し、リバーフロント1ベッドルームヴィラへ。部屋は基本的には同じ造りだが、外にもシャワーがある。また、プールの先には川が間近で見えるし川のせせらぎも聞こえて趣があってかなり良い。プール、川、緑のコラボがとても良く感じた。
メインプールは上下2段になっており、その傍には川が流れている。
施設が広いので、移動にはバギーを24時間使える。キッズクラブもあった。

〔昼食;ライステラスレストラン〕

階段を下りるとレストランがあり、テーブル席か座敷を選べる。席からはライステラスが見えて自然に囲まれてのお食事。メイン料理と飲み物を選べる。ミーゴレンとバリニーズコーヒーにしてみた。バリのコーヒー、本当に粉っぽい・・・。オーダーしてしまったことにちょっと後悔。その他には、春巻きと揚げバナナが出てきた。揚げバナナはシロップも付いてきて美味しかった。 余談・・。お食事中に雨が降ってきて、次のホテルまで移動の間もかなり降っていたが、ウブドの道路は川の様に氾濫していて、水陸両用車に乗っていたっけと勘違いをしてしまうほど茶色い水の流れがすごかった。

<プリカマンダルリゾート>

ロビーの扉に、クリスマスのデコレーションを可愛らしく飾り付けしていました。
現在、日本人スタッフはいないらしい。
ウブドシャレーを見学。ダブルベッドが広く感じた。ベッドはツインにも出来る。外にヘッドが動かないタイプのシャワーがあり、バスタブは広めで石造り。洗面台はシンクが一つ。続いてガーデンヴィラ。天蓋付きのベッドで見上げると、かやぶき屋根の内側は三角になっていて天井が高い。そのせいか、広く感じた。デラックスプールヴィラのカテゴリーは3部屋あり、デラックスとつくだけあって更に広く感じ、バスタブの周りには石が敷いてありゴージャスな造りになっていた。また洗面台はシンクが2つあり、シャワールームも広かった。3ベッドプールヴィラは部屋の回りを囲うようにプールがあり、とにかく広くて、ゴージャスでした。庶民には泊まれない様な雰囲気でした。

<マヤウブドリゾート>

デラックスルームを見学。コーナーのお部屋でバルコニーが2か所ある。ソファーもあり、エキストラベッドを入れる時はソファーを外す。バス・トイレは別。スーペリアルームとの違いは、ロケーションが違うだけでアメニティとかは同じらしい。続いてデラックスプールヴィラへ。バスタブ、トイレ、洗面台はオープンな造りでトイレは扉とか仕切りがないからその分広く感じた。広い敷地を徒歩で移動し、スパルームへ。エレベーターで下の方へ行く。更に階段を下り、川沿いにあるスパルームへ。シングル3部屋、ダブルルーム5部屋の8部屋あり、オープンタイプなので川のせせらぎを聞きながら、緑に囲まれてマイナスイオンたっぷりの空間でした。続いてフィットネスとヨガスタジオを見学。30名程入るヨガスタジオはすごく広かった。

★モンキーフォレスト通りでお買い物★

道が歩きにくい印象をうけた。お店の前なのにブロックがガタガタになっていて危なかったりする。お店が沢山あり、時間があればゆっくり楽しみたい。値段の交渉もおもしろい。

〔夕食;KUYNIT BALI〕

オープンタイプで、雰囲気は良かった。スープの後に、焼き鳥みたいな串焼きがきた。これは美味しく感じた。野菜とかお肉料理が小皿に入っていてごはんもありました。比較的日本人には合う味だったと思います。デザートはフルーツとモチモチしたお菓子。

『タラガスパ』

ミラクルエクスペリエンスオブバリを体験。フットバスから始まる。ぬるま湯の中にお花・ソルト・レモンなどを入れて足のマッサージ。それが終わると、不織布のパンツを渡されそれに着替える。うつぶせになりホットストーンマッサージが始まる。掌におさまるくらいのあたたかい石を使ってマッサージし、その後、背中から等間隔で置いていく。これが、熱すぎて・・・。しかも脚とかにも石を置くのだけれど、バランスが悪くて落ちてしまう。石が熱かったので、痛気持ち良いって感じでした。背面が終わると、腕や手に移り、前面をやってストーンマッサージは終わる。フェイスマッサージは鼻とかこめかみとかのマッサージ。最後に、タオルで拭き取ってから終了です。

【アヤナリゾートに宿泊】

ロビーはクリスマス仕様のイルミネーションとツリーがとても可愛らしかった。
ロックバーを見学。暗くて海が良く見えなかったけど・・・ケーブルカーに乗って下へ。波が高く、迫力があった。もっと賑わっているのかと思っていたけど、そんなにお客様はいなかった。音楽が流れていて、お酒を美味しく飲めそうな雰囲気でした。宿泊者限定の場所はやはり良かったので、宿泊中にぜひ足を運びたい。
泊まった部屋は、シャワールームとトイレにはガラスの扉があって、洗面台はシンクが1つしかないし、ドライヤーはそこでしか使えないので、3名で泊まっていると不便さを感じてしまう。照明も少し、暗めに感じた。
朝食・・・ビュッフェスタイルで好きなだけ取れるので、朝はこういう方が良かったりする。卵料理はオーダーすると目の前で作ってくれるし、フルーツも好きなものをカットしてくれる。全体的に美味しくて満足でした。

  • アヤナリゾート
  • アヤナリゾート
  • アヤナリゾート 朝食

<アヤナリゾート>

クラブラウンジを見学。エレベーターにもカードキーを差し込む所があり、クラブに泊まる人だけが使える様なシステムになっている。
メインレストランより規模は小さいが、クラブにご宿泊の方はここで日替わりの飲茶とか日本食など軽食にアフタヌーンティーなどのサービスを利用できる。
オーシャンビュークリフヴィラを見学。プールは高台から海を見下ろす感じの造り。こちらのアメニティはロクシタンを使用している。エスプレッソマシーンも置いてある。枕のセレクトも出来て、ベッドも高級感がある。バスタブの回りも、洗面台のシンクは2つありゴージャスな雰囲気。全てにおいて格が違う感じでした。ヴィラにお泊まりの場合は携帯電話が用意され、担当のバトラーと直接連絡を取ることが出来る。何でも頼むことが出来て、スーツケースのパッキングなどもお願い出来る。トレーニングも受けているので、荷物がコンパクトにまとめてもらえそう。また、wifiも無料で利用できる。
アクアトニック海水ジェットプールは海水を36℃位に温められ、流れに逆らって歩いたりすると血行が良くなり足の疲れも取れたりするので、羽田便を利用して来た人等にお勧めです。スパルームは紫色を基調としており、ベッドが温まる様になっているので施術中も寒くなさそう。また、顔のパットはどんな人にも合うというのをアメリカから取り寄せて使用しています。ここのスパには日本人スタッフが1名常駐しており言葉の面では安心出来る。

<バリインターコンチネンタル>

中央にオブジェがありちょっと暗いけれど広いメインロビーになっている。リゾートクラシックを見学。ロビーからは遠くて、結構歩いた。お部屋は広くてバルコニーからは木の間から少し海が見える程度。出発ラウンジは2部屋あり12:00?23:00まで有料。
続いてシンガラジャルームを見学する。先ほど見た部屋と広さや造りは同じ。家具が黒で落ち着いた雰囲気でした。バルコニーからは海は殆ど見えない。運良く2階3階の部屋になれば海が見えるらしい。続いてクラブルームを見学。ツインベッドも広いし、お部屋全体的に広い。エスプレッソマシーンもあった。トイレには便器が二つ・・・。何に使うのだろう?!と疑問に思っていたら、どうやらヨーロッパの人が使うビデらしい。
日本人スタッフは一人。wifiはどこのお部屋もフリーで使えるとのこと。

ジンバラン地区からヌサドゥア地区へ移動。道が一本しかないので渋滞すると大変。メインゲートを入るとドアを開けられ、真ん中の座席だけチェックされる。セキュリティチェック・・・適当で簡単に終わった。

<グランドハイアット>

車を降りて空港にある様なセキュリティチェックのゲートを通ると、メインロビーがあり明るくて広い。グランドというだけあって、施設内は広く、プールは5か所、キッズクラブやレストラン、神社もあったりする。
グランドルーム・オーシャンビュー・グランドクラブガーデンビューのお部屋のレイアウトは同じでビューの違いだけ。珍しく網戸があるので虫が入ってこなくて良い。デイベッドは落ちにくいデザインでお子様連れには良い。また、3名の場合も既存のベッドを使う為、お部屋を広く使える。全室禁煙。バルコニーでの喫煙は可能。続いてバリハイアット直営のクリナスパへ。アーユルベーダを得意としているインド人のドクターがいて、4棟シロダラ専用のお部屋になっている。

バリコレクションをブラブラお散歩。SOGOやブティック、民芸品やレストラン等がある。
暑かったのと、疲れが出てきて歩くのが若干しんどく感じた。レインボーツアーで使っているLococafeの前を通り、武蔵へ移動。

〔昼食;MUSASHI〕

<メリアバリ>

ロビーが広くて、天井の絵が印象的。施設も広く、お部屋とお部屋の移動も結構歩く。デラックスガーデンを見学。ヨーロッパの人にはシャワールームのみのお部屋を、日本人にはバスタブ有りのお部屋にしてくれるらしい。所々にバリっぽい飾りがあったりする。
バルコニーでは喫煙出来るらしい。部屋に入った瞬間、湿気臭い感じがした・・・。
デュプレックススイートは上の階がベッドルームになっていて、バルコニーからはプールと庭が見える。続いて、ラグーンアクセススイート。ダブルベッド、ツインベッド可能。お部屋からそのままプールへ行ける。ラウンジは、お茶やコーヒーのサービスやインターネットも利用できるし、DVD見たりも出来るし、シャワーも利用できる。もちろん、石鹸やタオルもフリーで使える。ガーデンヴィラは子供の宿泊は出来ない。朝食はヴィラ内で食べる。また、ここのトイレにもビデがあった。洗面台は2つのシンクでバスタブも広い。エスプレッソマシーンもあった。

<コンラッド>

目の前にプールがあり、その奥に海が見えて雰囲気が良かった。デラックスガーデン・デラックスオーシャン・デラックスラグーンはお部屋のタイプとアメニティは同じ。部屋の中がすごく広く感じた。中に置いてある、カメと猿のマスコットはお土産としてお持ち帰りして良い。デラックスガーデンビューはコーナーにバルコニーがあり、2つの窓から海が見えて良かった。ラウンジもかなり広い。3つのシャワールームがあり、良い香りがした。ロッカーも広いスペースになっており、そこでスーツケースを広げられるほどの広さ。
コンラッドスイートは更に広い。ジューサーや冷蔵庫が2つあり、一つはミニバーでもう一つは自分の好きなものを入れておくことが出来ます。クローゼットも広かった。
コンラッドのチャペルは、目の前が海ですごく素敵でした。

『ウルワツ寺院とケチャファイヤーダンス』

想像していたより猿はそんなにいなかった。腰に布をつけて会場へ向かいます。既にお客さんが沢山入っていて、空いているスペースへ案内される。良いポジションに座れれば、サンセットとケチャダンスのコラボが楽しめる。始まった頃はまだ明るいのに、ダンスが終わると既に暗い。ショーの後は、ダンサーの人たちと記念撮影が出来ます。

〔夕食;GEKKO〕

目の前がビーチで、砂浜の上にテーブルがセットされている。バリ舞踊も見ることが出来る。料理は、コーンのスープ・空芯菜の炒め物・魚やエビの炭火焼にごはん・フルーツでした。あらかじめ味付けしてあって、エビが特に美味しかった。そこにながしのおじさんとかが回ってきたりする。

[最後に]

入社してから3カ月にして、早くも研修旅行に参加させて頂きましたことに、心より感謝致します。
バリ島に行ったことがなく、ガイドブックの情報から薄い感じのご案内しか出来ていませんでしたが、実際にバリに行けたことにより、少しは自信を持ってお勧めすることが出来るようになりました。ここで得た知識はまだ少ないですが、今後更に勉強してもっとバリについての知識を増やして行けたらと思います。
貴重な経験をさせて頂きましてありがとうございました。