HOMEスタッフブログバリ島最新ニュース > ★『ハイアットリージェンシーバリ』としてリニューアルオープン!★ その2

 スタッフブログ

レインボーツアー営業マンが贈る バリ島おすすめ情報

“神々の棲む島”と呼ばれ訪れた者を魅了させてしまう
南国の楽園・・・・・『バリ島』
みなさまの思い出に残る至福の旅をプロデュースしました。

★『ハイアットリージェンシーバリ』としてリニューアルオープン!★ その2

2013年に惜しまれつつクローズとなったバリハイアット。
いつ完成するの?もう復活しないのでは?などさまざまな憶測が飛び交っていましたが
2018年12月「ハイハットリージェンシーバリ」として生まれ変わりました!
ボールルーム(団体用会議室)、スパ施設、キッズクラブは新設されましたが
その他のメインホテル棟やロビーなどの建物自体は旧ハイアットのものを使用し
内装やインテリアなどが新しくなりました。
以前の魅力そのままに生まれ変わったハイアットリージェントバリをご紹介します。



「レストラン・プール・スパなどホテル施設」をご案内。
HYATT_REGENCY_BALI_FACR_01.jpg






ロゴも新たに生まれ変わっています。
HYATTがサヌールに帰ってきたと思うだけで、サヌール好きとしては嬉しい!!
HYATT_REGENCY_BALI_FACR_02.jpg





ハイアット リージェンシー バリ 各施設名






ハイアットリージェンシーバリ内の地図です。
宿泊棟やロビー等は旧ハイアットのまま使用されています。
コンパクトにまとまっていますが
海岸線のハイアットリージェンシーの敷地は500メートルと実は横にながーいホテル。
HYATT_REGENCY_BALI_FACR_04.jpg

 




到着するとガムランの音色で出迎えてくれます。メインのエントランスは旧ハイアット時代のまま。
重厚感ある懐かしい造りとちらりと見えるガーデンにわくわくしながら進みます。
HYATT_REGENCY_BALI_FACR_05.jpg







ガムラン隊からみて左側がレセプションです。広々としていてゆったりチェックイン。
ちょうどパラダイスバリツアーズのガイドさんがチェックインのお手伝い中です。
ハイアット リージェンシー バリ Piano LOUNGE






ガムラン隊からみて右側が「Piano LOUNGE」
8時から25時(ラストオーダー24時30分)までライトミールやドリンクを提供してくれるロビーラウンジ。
風が抜けるとても気持ちの良い場所です。
建物自体は旧ハイアット時代と変わりはありませんが、
手前のランプの置かれている台など細かなインテリアは新しくなっており、明るい印象です。
ハイアット リージェンシー バリ ロビーから見える景色





ロビーから見える景色。旧ハイアット時代と変わらず美しい手入れの行き届いたガーデンです。
ハイアット リージェンシー バリ ロビーのある建物





ガーデン側からみたメインロビーのある建物。
まだ開業したばかりということで成長しきれていない木々もちらほら。。。今後に期待です!
ハイアット リージェンシー バリ ロビー階段






ロビーは2階部分に位置しているため中央の階段を降りてガーデンに向かいます。
高い天井におしゃれなランプがよく似合います。
ハイアット リージェンシー バリ 案内板






雰囲気を崩さないシックな案内板。メインダイニングへ進みます。
ハイアット リージェンシー バリ メインダイニングに続く長い通路






メインダイニングに続く長い通路。
ハイアット リージェンシー バリ オマンオマンレストラン





朝食会場の「Omang-Omang Restaurant(オマンオマンレストラン)」
6時30分から23時(ラストオーダー22時30分)までのオールデイダイニングで、
インターナショナル料理を提供してくれます。
ハイアット リージェンシー バリ やどかり





入り口ではレストラン名でもあるOmang-Omang(やどかり)がお出迎え。
大きくてちょっとびっくりします。。。
ハイアット リージェンシー バリ オマンオマンレストラン






朝食はビュッフェスタイル。インドネシア料理からインターナショナル料理までさまざま。
(※朝食の内容は食事編でご紹介!)ここでも存在感のあるランプが印象的です。
ハイアット リージェンシー バリ プール側からみたオマンオマンレストラン





プール、ビーチ側からみたオマンオマンレストラン。エアコンのきいた部屋(写真左側)もあります。
かわいらしいインドネシアの移動式屋台カキリマの準備が始まっています♪
ハイアット リージェンシー バリ カキリマ





まさに「映え」するカキリマです!
ハイアット リージェンシー バリ キッズプール






ハイアットリージェンシーバリには4つのプールと1つのジャグジーがあります。
海側に位置するのはメインプール、オーシャンプール、キッズプールの3つとジャグジーです。
もう1つのプールはスパ側に位置しています。
どのプールもエメラルドグリーンがガーデンの緑とよく合います♪
こちらはオマンオマンレストランの前に位置するキッズプール。
水深は大人の膝ほどもなくプールに入る部分は階段状になっているので飛び込む心配もありません。
目の前のブーゲンビリアに囲まれたトンネルは。。。
ハイアット リージェンシー バリ スライダー






スライダーです?遺跡を思わせる石像の口から飛び出すタイプのスライダー。
近代的でない感じがまたサヌールのホテルらしいですね。
トンネルは滝のように水が落ちていますが石でできているスライダーの滑り具合は・・・???
ハイアット リージェンシー バリ メインプール






こちらがメインプール。
ハイアット リージェンシー バリ 石碑のトンネル






旧ハイアット時代もこのホテルの象徴でもあった石碑のトンネルは今も健在です。
ハイアット リージェンシー バリ メインプール






反対側からみたメインプール。ブーゲンビリアが咲く部分が石碑のトンネルです。
そこまで大きくはないですがデッキチェアでのんびりされてる宿泊客の方が多いので十分楽しめます。
ハイアット リージェンシー バリ プールメニュー ハイアット リージェンシー バリ ドリンクメニュー


プールサイドでは軽食やドリンクを頼むことも可能です。
※メニュー、値段は2019年2月時点のもの。





ハイアット リージェンシー バリ スイミングプール案内板






スイミングプールは朝8時から19時まで。
ハイアット リージェンシー バリ プールサイドのタオル貸し





プールサイドでは少し強面のスタッフさんがタオルを貸してくれます。
常にプールで危険がないか監視してくれている働き者さんです。
ハイアット リージェンシー バリ オーシャンプール





こちらはビーチ目の前にあるオーシャンプール。人も少なくゆったりした雰囲気です。
かなり深いので大人専用かな。。
ハイアット リージェンシー バリ オーシャンプール





ビーチ側から見たオーシャンプール。その後ろにはキッズプールが位置しています。
ハイアット リージェンシー バリ ビーチ





オーシャンプールの向こうはビーチですがその間には遊歩道があります。
近い場所ならメインのタンブリンガン通りを通るより
こちらの道を歩いて移動する方がサヌールらしい雰囲気を味わえるかと思います。
ハイアット リージェンシー バリ フランジパニ



こんなに綺麗なフランジパニにも出会えました。


ハイアット リージェンシー バリ ビーチに並んだデッキチェア

ビーチに並んだデッキチェア。ハイアットリージェンシーの宿泊者専用です。
これだけの数あれば早くいかなくちゃ!なんて焦る必要ありません。



ハイアット リージェンシー バリ ビーチ
ちょっと海藻が多いですが。。。汗
サヌールの海は遠浅で透明度も高く砂もさらさら。
遊泳も可能なのでビーチを楽しみたい人にはもってこいです!
ただ暑かったこともありこの日は誰もビーチにはいませんでした。。




ハイアット リージェンシー バリ サンライズ

サヌールビーチではサンセットではなくサンライズ(朝日)を望むことができます。
雨季だったので雲が多くて残念な感じですが
ハイアットリージェンシーバリのビーチからこんな朝日を見ることができました!




ハイアット リージェンシー バリ 温水ジャグジー

ビーチからホテル内に戻ります。こちらは温水ジャグジー。
メインプールの石碑のトンネルの裏、ビーチ側にあります。
写真撮影時はジャグジーは止まっていましたが、午後に行くとボコボコと強めのジャグジーがでていました。。
暖かいバリ島でもプールの後は冷えてしまうのでそんなときは温水ジャグジーでほっこり。



ハイアット リージェンシー バリ 屋外シャワー


プール横にある屋外シャワーもまるで沐浴場のような造り。




ハイアット リージェンシー バリ Pizzaria




プールの隣には本格的イタリア料理が楽しめる「Pizzaria(ピッツァリア)」
11時から23時(ラストオーダー22時30分)まで
ピザ窯で焼いた焼き立てピザやパスタを楽しむことができます。
ハイアット リージェンシー バリ Pizzaria ビーチ沿いの屋外席




半屋外席やエアコンの効いたお部屋もありますが、ベストシートはビーチ沿いの屋外席♪少し暑いですが、
ビーチを眺めながらソファーでゆっくり寛げます。砂浜の上にはカラフルなジュクン(小舟)が並びます。
ピッツァリアを左に見ながらホテル内を散策します。




ハイアット リージェンシー バリ キャンプハイアット案内板



平成31年2月時点ではまだオープンしていませんでしたが
キッズクラブ「キャンプハイアット」の看板がでてきました。



ハイアット リージェンシー バリ キャンプハイアットへの小路

 

看板の示す方向にはこんな小道が続いています。先が見えないなんだかわくわくする小道です。




ハイアット リージェンシー バリ キャンプハイアット 船の形の遊具

キャンプハイアットはまだまだ工事中で
建物自体に工事のおじ様がたくさんいたので写真に収めることはできませんでした。。。
でもこんな船の形の遊具を建設中。
これは完成したら子供さんが大喜びで遊ぶのが目に浮かびます♪早く完成してほしいです!




ハイアット リージェンシー バリ オブジェ



そのまま進むとロビー方面に戻ることができました。ホテル敷地内にはこんなオブジェが。
旧ハイアット時代からのものであろう年期がうかがえます。やっと再オープンしてほっとしているのかな。



平成31年2月の時点で新設されたボールルームは完成しており、
すでに団体の方が利用されていました。(写真は割愛)
またボールルームとはホテル棟を挟んで反対側に、ハイアットの最高峰ブランド「アンダーズ」を建設中です。
大規模工事ですがホテル内にいても工事していることにまったく気が付きません。
タンブリンガン通り側はパテーションがされており工事している様子がうかがえました。



そして新設のスパ施設ですが、ホテル内をうろうろ探しても場所がわからず。
そういえば看板も見てないなぁと思いスタッフの方に聞いてみると、
ロビーを挟んで反対側(内陸側)にあるとのこと。
こじんまりとしていると思いきや意外と広い敷地です。

ハイアット リージェンシー バリ シャンカスパ




案内の通りにロビーを超えてまたまた小道を進みます。
こんなところにあるの?と思っていたところに見えてきました。
ハイアットリージェンシーバリ併設の「シャンカスパ」



ハイアット リージェンシー バリ シャンカスパ ブティック




スパロビー横にはプロダクトを販売するブティックがあります。
バリ島東部のオーガニックナチュラルブランド「センセイシャ」の商品が並びます。

ハイアット リージェンシー バリ シャンカスパ 涼し気な池




スパ施設各所に涼し気な池が広がります。
どこかヌサドゥア地区のグランドハイアットバリを彷彿とする景色です。

ハイアット リージェンシー バリ シャンカスパ 廊下




池を囲うように長い廊下があり各トリートメントルームに続きます。

ハイアット リージェンシー バリ シャンカスパ トリートメントルーム




完成前ですが、お部屋を少し見せていただきました。こちらはシングルルーム。
アジアンモダンで明るいトリートメントルームです。
このお部屋ではアクアセラピー「WATSU(ワッツ)」を受けることもできるそう。




ハイアット リージェンシー バリ シャンカスパ アクアセラピー用ジャグジー




屋外にある大きなアクアセラピー用ジャグジー。
私はこのWATSU(ワッツ)は初めて聞きましたが、
日本やハワイのスパ愛好家の中でとても話題になっているそうです。
バリ島では今のところ受けられるのはこの「シャンカスパ」だけ。


ハイアット リージェンシー バリ シャンカスパ ツインルーム



ツインルーム。ご友人やパートナーと一緒に施術できるお部屋です。

ハイアット リージェンシー バリ シャンカスパ シャワールーム

施術の後は仲良くシャワータイム。広々していて使いやすそう。




ハイアット リージェンシー バリ シャンカスパ アーユルベーダ・シロダラ



人気のアーユルベーダ・シロダラは専用のお部屋で。



ハイアット リージェンシー バリ シャンカスパ ジム


スパ施設内にはジムも完備。最新マシンがそろっています。




ハイアット リージェンシー バリ シャンカスパ スパプール

ガネーシャが横たわるスパプール。スカイブルーが美しい横長のプール。



ハイアット リージェンシー バリ シャンカスパ スパプール

プールの周りはウッドデッキ調でこのプールの周りだけ少し今風のデザイン。
メインプールエリアに比べると人が少なく静かに過ごせます。



ハイアットリージェンシーバリ【レストラン・プール・スパなどホテル施設編】でした。

以前の落ち着いた雰囲気はそのままに、古き良き旧ハイアット時代のもの、
新たにハイアットリージェンシーバリとして生まれ変わったものが、うまく調和しており、
初めて宿泊される方も、以前のバリハイアット時代のリピーター様も、
満足のいくリニューアルだと感じます。


今時のホテルにはない老舗の力強さを感じました。次は【客室編】です。

最新の記事

カテゴリー別記事一覧

月別アーカイブ