HOMEスタッフブログバリ島最新ニュース > ★バリ島最新状況★8月5日(日)にロンボク島で起きたマグニチュード7の地震について

 スタッフブログ

レインボーツアー営業マンが贈る バリ島おすすめ情報

“神々の棲む島”と呼ばれ訪れた者を魅了させてしまう
南国の楽園・・・・・『バリ島』
みなさまの思い出に残る至福の旅をプロデュースしました。

★バリ島最新状況★8月5日(日)にロンボク島で起きたマグニチュード7の地震について

こんばんは。B太です。

台風13号が気になりますね。これからの時期は毎週のように台風が通過する日本列島。
国内線は台風の影響を受けますが、国際線は離発着が済めば雲の上!!
毎年台風で残念な思いをしている そこのあなた!! ぜひバリ島へ!!
爽やかなシーズンに突入した 南国バリ♡島 へいらっしゃいませ!!
この最近のバリ島は26~30度くらいで、日本より涼しいんですよ。

バリ島は、南半球の赤道直下に位置し、オーストラリアの真上。
 
北半球のアジアリゾートと違い、台風&ハリケーンが発生しません!!
バリ島は、台風の通り道と航路がズレているので、ほぼ100%欠航にはなりません!!

-----------------------------------------------------------------------
8月5日(日)夜
インドネシア・ロンボク島  で起きたマグニチュード7の地震について

-----------------------------------------------------------------------

昨年のバリ島東部のアグン山の噴火時の過熱報道同様に、
テレビやネットなどで 真実から歪曲された 報道 ・ 誤報 が飛び交っており、
バリ島旅行を予定されているお客様より、心配するお問合せが増えておりますが、

 
◎バリ島観光およびご滞在は、引き続き安全です。
◎外務省の渡航情報は以前と変わらず レベル1:十分注意してください。」 となります。
 
「バリ州政府観光局  オフィシャル・ステートメント」および
「弊社バリ島現地事務所 からの現地報告」を要約すると、

*バリ島ではマグニチュード 4.3~5.4 の地震であった
 弊社の駐在日本人スタッフが体感した震度は、震度 3 程度
であった
 (インドネシアでは震度の概念がないため。「すごく揺れた!」と感じた海老蔵さんとは個人差があります)

*バリ島の ン・グラライ国際空港 およびロンボク島のロンボク国際空港は平常通り
 尚、ロンボク国際空港は、臨時対応として 24時間オープンしている
*バリ島はもちろん、ロンボク島内のリゾート施設の建物の崩壊はほぼなし
*インドネシアの民家やローカル施設は、耐震性・耐久性など、
 地震や津波に配慮した建築ではなく、簡易構造のため、残念ながら被害が発生した
*津波警報の発生については地震専門官が津波発生のモニタリングを継続しているが、
 すでに解除されている
 
※「マグニチュード」は、地震そのものの大きさ(規模)を表すものさしです。
一方「震度」は、ある大きさの地震時の私達が生活している場所での揺れの強さのことを表します。


-----------------------------------------------------------------------
インドネシアの中でも、バリ島もロンボク島も、長い間 地震とは無縁の島でした。
今回の突然の地震は、日頃 地震に慣れている日本人と比べ、
ローカルの人達はとても怖かった事と察します。
この度のロンボク島の地震で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

そしてもう地震が起きない事、一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。
-----------------------------------------------------------------------

最新の記事

カテゴリー別記事一覧

月別アーカイブ