HOMEスタッフブログ観光&ショッピング > バリとジョグジャカルタのラーマヤナ・バレエの違いとは?

 スタッフブログ

レインボーツアー営業マンが贈る バリ島おすすめ情報

“神々の棲む島”と呼ばれ訪れた者を魅了させてしまう
南国の楽園・・・・・『バリ島』
みなさまの思い出に残る至福の旅をプロデュースしました。

バリとジョグジャカルタのラーマヤナ・バレエの違いとは?

皆さん、こんにちは。レインボーツアー現地駐在員からの、
バリ島現地最新情報をお届け致します。

バリ島観光の中でも特に人気の高い、ウルワツで上演されている『ケチャ』。
この『ケチャ』は、男性の独特な合唱が最大の特徴ですが、
その合唱に合わせて踊られる、古代インドの大長編抒情詩「ラーマヤナ」も、
舞踊の為のガムラン音楽は一切使わずに上演されます。

ガムラン音楽の代わりに、男性合唱で「ラーマヤナ」の舞踊劇が演じられるのです。

DSC04574.jpg

 

この「ラーマヤナ」舞踏劇、バリ島の隣の島、
ジャワ島のジョグジャカルタでも上演されていますが、
ジョグジャカルタ(以下、ジョグジャ)で上演されているラーマヤナは、
CDではない本物のガムランのライブ演奏と共に上演されます。

 
同じ「ラーマヤナ」であっても、バリとジャワでは見た目にも違いがあるので、
今日は、バリ島とジョグジャで鑑賞出来る「ラーマヤナ・バレエ*」の違いについて、
少しだけご紹介しますね。(* 舞踏劇は"バレエ"と訳されます) 

 

今回ご紹介するのはジョグジャの「プラウィサタ劇場」
「プラウィサタ劇場」は、ジョグジャのマリオボロ通りから約1キロの場所にあり、
交通のアクセスも便利な立地で、今年39年目になる老舗の劇場です。

ラーマヤナ・バレエの上演は、毎晩20:00~21:30の1時間半。
上演1時間前の19:00~は、インドネシア料理のブッフェも楽しめます。

 
これが、ジョグジャカルタプラウィサタ劇場の、ラーマ王子とハヌマン。

102914.jpg

 

こちらがバリのケチャと共に演じられる、ラーマ王子とハヌマン。
ハヌマンは全身白で覆われているので、それほど違いは感じられませんね。

DSC04681.jpg DSC04673 RAMA.jpg

 

ラーマ王子の次は、美しいシータ姫の競演。
こちらの写真、向って右がジョグジャカルタのシータ姫。
衣装の色合いは、ジョグジャらしい上品で落ち着いた色が使われていて、
艶やかな色っぽさが漂います。

102919.jpg

 


こちらの写真の向って右が、バリのシータ姫。
(左はラーマ王子。この時は女性が演じていました)
衣装には金色が沢山使われているので、絢爛豪華。華やかで大胆な色気には華があります。

DSC04574.jpg

  

こちらはジョグジャの悪の手下達。 
顔に直にペイントがされているのと、体の線や足は人間のままなので、
踊り手としての細かな動きを観る事が出来ます。

102921.jpg

 

こちらは、バリの悪の手下達。
お面とロン毛のかつら(?)とで、人間の部分が全く見えなくなっています。
悪の手下として登場した後は、踊りと言うよりはユニークな動きで会場を沸かせていました。

DSC04781.jpg

 

如何でしたか?  同じ叙情詩でも、全く違って見えませんか??

 

もしもお時間に余裕のある方は、
ジョグジャとバリ島、両方のラーマヤナをご覧になってみては如何でしょうか。

最新の記事

カテゴリー別記事一覧

月別アーカイブ