HOMEスタッフブログホテル > ☆いざ!深い森の隠れ家・リンバ ジンバラン バリへ☆

 スタッフブログ

レインボーツアー営業マンが贈る バリ島おすすめ情報

“神々の棲む島”と呼ばれ訪れた者を魅了させてしまう
南国の楽園・・・・・『バリ島』
みなさまの思い出に残る至福の旅をプロデュースしました。

☆いざ!深い森の隠れ家・リンバ ジンバラン バリへ☆

こんばんは。B太のバリ島突撃レポート第3弾!!
始まります。

デンパサール(ングラ・ライ)新国際空港から車で約15分。
ジンバランの小高い丘を登って行き、
レインボーツアーで人気NO.1 リゾート【アヤナ リゾート&スパ バリ】へ、
と、言いたいところですが、今回は違うんです。
1004692_1429502263931289_51675290_n.jpg


数々の受賞実績をもつアヤ ナリゾート&スパ バリの姉妹リゾートとして
10月にオープンしたばかりの【リンバ ジンバラン バリ】へ!
【アヤナ リゾート&スパ バリ】と同じ、カペラホテルグループの最新リゾートです。

8ヘクタールの敷地内に広がるリンバは、総客室数282室。
コンテンポラリーでいながらエレガントでシックな雰囲気が漂い、
環境に配慮したデザインが特徴です。

リンバ ジンバラン バリでは、丘の中腹にて森の雰囲気を、
そしてアヤナ リゾート&スパ バリでは、美しい海を楽しむことができます!

2つのリゾート内の、レストラン、バー、スパ、などすべての施設は、
どちらのリゾートに泊まっていても、お財布いらず。
お部屋番号のサイン一つでお部屋付けがOK!! ←ここ重要!

なんと、プールも自由に使えます!! ←ここ重要!

海と森の2つを体験できる素晴らしいリゾート。
またバリ島のホテル選びが楽しくなりましたね!


それでは、B太がご案内します!!
アヤナと同じゲートを通り、進んで行くと、リンバの看板が見えてきました。
リンバはアヤナの東側の8ヘクタールの敷地に位置しています。
DSC09153.jpg DSC09152.jpg


インドネシア語で「森」を意味するリンバは、その名のとおり周囲の自然を大切に、
自然環境を保護し、二酸化炭素削減とその魅力を最大限生かすように、
オープンを控えた2013年8月7日、50,000本の植林を行いました。
DSC09148.jpg DSC09146.jpg


地元の村民たちからサンスクリット語で「ジンバランの森」をあらわす
「ブキット・アラス・ジンバラン」と呼ばれる森の中を進んで行きます。
DSC09142.jpg DSC09139.jpg



ついに、ロビーが現れました!!


【リンバ ジンバラン バリ】

DSC09105.jpg DSC08794.jpg


1004698_1429494250598757_326035612_n.jpg


この可愛いトラムは、同系リゾートの【アヤナ リゾート&スパ バリ】と
【リンバ ジンバラン バリ】を巡回しているシャトルバスです。
DSC08795.jpg DSC08796.jpg


ロビーはこんな感じ。


【LOBBY】
DSC08798.jpg DSC08799.jpg

世界的に有名なバリ島ウブド在住のガラス作家、鳥毛清喜氏による、デザイン。
DSC09103.jpg DSC08800.jpg

サンセットの時間は、ロビーから美しいサンセットを拝むことができるそうです。
DSC08812 - コピー.jpg

DSC09101.jpg DSC08811.jpg

DSC09102 - コピー.jpg

鳥毛清喜氏の手によるリサイクルガラスを取り入れた天窓が、
やわらかな自然の照明となっています。
DSC08801.jpg DSC08806.jpg

DSC08808.jpg DSC08809.jpg

船首をかたどったロビーの壁面には、
リンバのスタッフがスラウェシ地方で入手した
古い船を再利用した木材と、ハンドメイドのブロックが使われているんです!
DSC08810.jpg DSC08815.jpg

DSC08814.jpg DSC08816.jpg


リンバのプールの総面積は、なんと1ヘクタール!
バリ島のライステラス(棚田)を彷彿とさせる多層式のプールとラグーンは圧巻!!
オープン当初 "アヤナ宿泊者のご利用は不可" とされていましたが、
先日、その縛りも無くなりました!
アヤナ宿泊者も、緑に囲まれたリンバのプールを思う存分お楽しみください!

こちらは、Upper Pool
DSC08825.jpg DSC08834.jpg

DSC08835.jpg


プールサイドに並べられたソファやチェアが可愛い!
DSC089141.jpg DSC08824.jpg


リンバのガーデンは・・・
わずか5年で成長する10,000本のアルベシアをはじめ、
熱帯樹木や果樹などが育てられています。
DSC08917.jpg DSC08919.jpg


フランボヤン(ホウホウボク)、フランジパニ、ブーゲンビリア、
バードオブパラダイス(ストリチア)、ハイビスカス、ソングオブジャマイカ(ドラセナ)、
ソングオブインディアなど、25種類以上もの花々が目を楽しませてくれます!

こちらは、Cabana Pool
DSC08918.jpg DSC08921.jpg


DSC08942.jpg DSC08945.jpg 


DSC08925.jpg DSC08926.jpg 

プールで泳ぐだけでなく、こんな可愛いソファでまったりするのも最高です!
DSC08928.jpg DSC08930.jpg


DSC08951.jpg DSC08949.jpg

こちらは、Kids Pool
DSC08956.jpg DSC08934.jpg 


キッズプールには、ウォータースライダーもあります!
1472037_1432616843619831_1401250844_n.jpg


DSC08957.jpg DSC08961.jpg

ブリッジを渡ると、プールバーが見えてきました。
【POOL BAR  プールバー】
DSC08962.jpg DSC08966.jpg

水の中のバースツールではカクテルやジュースでリフレッシュ、
プールサイドの快適なデイベッドやカバナなどではお食事やお飲み物を!
DSC08968.jpg DSC08965.jpg

メニューにはバラエティーゆたかなサンドイッチや、
リンバ内のオーガニック農園から収穫された新鮮なサラダ、
焼きたてのパンに炭火焼きのピザ、
とれたてのジンバラン産シーフードのバーベキュー、
美味しいホームメイドのアイスクリームやソルべなどをご用意しています。
1397503_1430903340457848_238128302_o.jpg

あちこちにプールがあるので全部を制覇するのは大変!
泳ぎ過ぎたらお腹が空いてきました~なんて方にはプールバーは便利ですね。

左は、Three Monkeys Pool
その名の通り、3匹の猿の石像から水が流れています。
右は、ルーフトップバー ユニーク前のプールになります。
DSC08973.jpg DSC08996.jpg



次は、リンバの朝食レストランにもなっている、To'ge ト'ゲ レストランで朝食体験!

【To'ge トゥゲ レストラン】
ここでは世界中の家庭料理、ホームスタイルのメニューをご用意しています。
DSC08838.jpg DSC08839.jpg

ソファとチェアのテーブルは、お子様連れにも便利ですね。
ガラス貼りのスペースは、焼き立てのベーカリーコーナーです。
DSC08840.jpg DSC08842.jpg

鳥毛清喜氏の手によるリサイクルガラスを取り入れた天窓の
温かな天然光がダイニングエリアを包み込んでいるので明るい!!
DSC08843.jpg DSC08868.jpg

焼き立てのベーカリーが所狭しと並べられています。
DSC08844.jpg DSC08845.jpg

フレッシュジュースと、アヤナでも人気のココナッツのフレッシュジュース!
朝から美肌目指してたっぷり取りましょう!
DSC08848.jpg DSC08850.jpg

雨季の時期は珍しいフルーツが沢山あります。
ベーカリーでは、いままさにクロワッサンがオーブンで焼かれるところ。
DSC08849.jpg DSC08847.jpg

各国の料理の手前には紹介用の手書きのボードが置かれています。
DSC08852.jpg DSC08860.jpg

DSC08856.jpg DSC08859.jpg

DSC08864.jpg DSC08867.jpg


日本食が恋しくなったら日本食コーナーへ。
ヒジキや梅干し肉じゃがもどきもありますよ。
DSC08875.jpg DSC08871.jpg

DSC08872.jpg DSC08874.jpg

DSC08876.jpg DSC08877.jpg

トマト好きのB太は、トマトをメインにインドネシア料理をトッピング。
ご一緒いただいたアヤナ&リンバのSさんとKさん、そしてJ子のセレクトはこんな感じ。
DSC08880.jpg DSC08891.jpg

DSC08892.jpg DSC08893.jpg

さっきオーブンに入ったばかりのクロワッサンが焼きあがりました!
焼き立てのサクサクをいただきました!
屋外のテラス席とエアコンの効いた室内席。
どちらを選んでも美しいガーデンが眺められるので最高です!
DSC08895.jpg DSC08884.jpg

☆2つのリゾート内のプールの相互利用についてホテルよりご案内☆
リゾート間を循環するシャトルにてご移動いただきプールをご利用頂いております。
各プールにて更衣室の用意が御座いませんので、水着の上に羽織れるお召しもの
 (男性でしたら、パーカー、シャツ、Tシャツ、
  女性でしたら簡単なさっと羽織れるサマードレスやワンピースなど)の
ご着用を頂けると幸いです。

各プールにて十分にタオルを用意致しておりますので、
タオル等を客室よりお持ち頂く必要は御座いません。

下記に各プールの最寄りのリゾート内停留所をご案内致します。
1、リンバロビー停留所 : リンバプール
2、アヤナメインロビー停留所 :
     アヤナメインプール(上段、下段)、キッズプール、オーシャンビーチプール
3、テルムマランスパ停留所 :
4、ヴィラロビー停留所 : リバープール
5、クブビーチ停留所:



リンバ ジンバラン バリ の突撃レポート、
続きは、次回へ~

最新の記事

カテゴリー別記事一覧

月別アーカイブ