HOME  > スキューバダイビングinバリ

スキューバダイビングinバリ水中で呼吸をしながら海の中の
素晴らしい世界を楽しむことができるスポーツ器材に依存するスポーツなので老若男女問わず楽しめます。海中に広がる感動的な景色、陸上では味わうことのできない不思議な浮遊感、都会の喧騒や周りからのプレッシャーとは無縁の音のない世界に足を踏み入れれば
この世で最も美しいリラクゼーションタイムを過ごせます。ダイバー同士がつながり、水中生物との出会いだけでなく、いろんな人との出会いもダイビングの楽しみのひとつです。水族館で見るような色とりどりの魚たちと実際に一緒に泳ぐことを可能にしてくれるのがスクーバダイビングです。

ダイビング写真

バリ島でのダイビングの魅力

バリ島の海はプランクトンが豊富なので魚の種類もその数も非常に多いポイントばかり。
しかもえさが多いから魚のサイズが他の国の魚よりも大きい。
わざわざ魚を探さなくても目の前をわしゃわしゃ通り過ぎていきます。
体験ダイビングでも思う存分南国のトロピカルなお魚たちを見ることができる海がバリ島にはたくさんあります。
乾季にはマンボウを見るために世界中のダイバーがバリ島に潜りに来ます。
バリ島は大物派、マクロ派、地形派すべての方に満足いただけるポイントが多数あります。
そして、数多くのダイビングスポットの中でバリがおすすめなのは、海だけではなく陸も楽しめる場所だから。
海以外やることがなーいなんて心配は皆無!
ダイビングをしない日はバリ島には世界遺産巡り、ショッピング、スパなど楽しむ方法はたくさんあります。
たとえば一緒に行く人の中にダイビングをしない人がいてもどちらの方にも満足していただけます。
子供がいるから夫婦でダイビングができないなんて心配も託児所があるダイビングサービスもあるので大丈夫

現地ダイビングショップがおすすめするダイビングスポット

ブルーシーズンバリ

体験ダイビング最新レポートはこちら

「ブルーシーズン バリ」スタッフおすすめ!!のダイビングスポット!

スタッフ写真

Q.バリ島で好きなダイビングサイトは?
A.ペニダ島のクリスタルベイ
Q.その海の見どころは?
A.通年、透明度が高く、サンゴが生き生きとしていてスズメダイやキンギョハナダイの仲間が、大きな群れをつくっていて、時期によっては、マンボウを見ることが出来る世界的にも有名なダイブサイトだからです。
Q.バリ全般の海の様子は?
A.流れが強く発生するポイントもあり、テクニックを要求される場所もありますが、ドリフトダイビングの経験を培いレベルアップを図ることを前提に言えば、打ってつけのポイントがいくつもあります。海況が穏やかなポイントも多くあるので、ダイバーのレベルに合わせてポイントを選ぶことが出来ます。バリの海には、太平洋で見られる生き物とインド洋で見られる生き物の両方を見ることが出来、その両方を知るダイバーとしては、他の海ではありえない生き物たちのコラボレーションに驚かされることが多いです。魚影も魚種も多く、大物からマクロ派ダイバーなど、幅広い要望に応えられる海です。

スタッフ写真

Q.バリ島で好きなダイビングサイトは?
A.ムンジャンガン島周辺
Q.その海の見どころは?
A.ドロップオフや、ケーブ。白い砂浜一面に広がるガーデンイールなど、小さな島の周辺には、バラエティに富んだ地形が広がっています。国立公園内のダイブスポットだけに、魚影も濃く、大物回遊魚からマクロな魚まで、見ることが出来、バリ島南部から3時間以上掛かるエリアだが、遠くまで来ても潜った甲斐がある海だと感じられるところ。
Q.バリ全般の海の様子は?
A.バリ島の周りに点在するダイブスポットは、それぞれに色々な顔をもった海で、それぞれのダイブスポットによって楽しみ方が違う海が広がるのが、バリ島の魅力だと思います。また、なんといっても多くの種類の魚が観察できるのが、さらに魅力です。サンゴも美しく元気で、一面に広がるサンゴ礁を見ると、とても感動します。時には流れやうねりなど、ハードな一面をみせますが、自然の醍醐味を感じさせられる海が、バリ島にはあります。

オプショナルツアー完全ガイド 体験ダイビング by ブルーシーズン

ホテル出発

6:30〜7:00 お泊りのホテルへお迎え(正確なお迎え時間は予約時にお伝えします。)ブルーシーズンバリはサヌールにお店があります。

ホテル出発
手続き

お店に到着後、必要書類への記入をします。健康チェックシートあり。

ホテル出発
お勉強

陸上にて水中で気を付ける事などをお勉強した後、プールにて呼吸の仕方や、安全の為のスキルの練習を行います。

お勉強
いざ海へ

海へ移動して、先程プールで練習したようにリラックスして水中へ

いざ海へ
海中遊泳

トロピカルなお魚や色とりどりのサンゴを見ながら約45分間の無重力空間のダイビングを堪能してください。

海中遊泳
昼食

ポイントによってボートでのお弁当もしくは、陸上ではレストランでお召し上がり下さい。

ホテル出発
お店へ

ダイビングが終わったらお店に戻って、証明書を受け取ります。

ホテル出発
ホテルへ

シャワーや着替えが終わったらホテルへお送りいたします。

ホテルへ

※ダイビングを行った後すぐに飛行機のへのご搭乗はできません。ダイビング後、飛行機の搭乗は減圧症の予防のため18時間以上たってからと決められています。(1ダイビングのみの場合は12時間以上となります。)

エナダイブ

ファンダイビング最新レポートはこちら

「エナダイブ」スタッフおすすめ!!のダイビングスポット!

スタッフ写真

Q.バリ島で好きなダイビングサイトは?
A.ヌサペニダ・レンボガン
Q.その海の見どころは?
A.キレイなサンゴの上、魚の群れ中を豪快に走り抜けるダイナミックなドリフトダイビングです。
Q.バリ全般の海の様子は?
A..バリはダイビングエリアが広く、本当に様々なダイビングスタイルを楽しめます。サンゴ、地形、沈潜、ケーブ、ボート、ヒーチ、ドリフト。魚も世界的にみてとても魚種の多い地域で、マクロからワイドまでなんでも楽しめます。初めての方から上級者まで楽しめる海ですね。
Q.これから注目しているダイビングポイントは?
A.クリスタルベイ。バリと言えばマンボウ!乾季とともにマンボウシーズンに入ります。

オプショナルツアー完全ガイド ファンダイビング by エナダイブ

ホテル出発

ホテルにお迎えにあがります。エナダイブはサヌールにお店があります。

ホテル出発
手続き

お店に到着後、必要書類への記入をします。健康チェックシートあり。

ホテル出発
サイズ合わせ

レンタル機材が必要な方はサイズ合わせをします。

お勉強
ダイビングポイントへ出発

ポイントによって車か港からポートでの移動になります。

いざ海へ
1本目のダイビング

潜る前にブリーフィングという注意事項や水中での説明があります。海の中でパニックにならないようにしっかり聞きましょう。40分〜50分ほど潜ります。

海中遊泳
昼食

海を見ながらの昼食。1本目の疲れを取りながら1時間ほど休憩を取ります。

ホテル出発
2本目のダイビング

1本目とは違う場所へ潜ります。ダイビング終了後、ログブックの記入。潜水時間、潜水深度、潜水時間、見た魚などガイドさんと記入します。

ホテル出発
ホテルへ

ポイントによって1度お店に戻る場合と直接ホテルへお送りする場合がございますので現地でご確認ください。

ホテルへ

※ダイビングを行った後すぐに飛行機のへのご搭乗はできません。ダイビング後、飛行機の搭乗は減圧症の予防のため18時間以上たってからと決められています。(1ダイビングのみの場合は12時間以上となります。)

TOPへ

 

トップへ戻る